業界別特性

​素材に応じた不良検出により、品質高く自動化し、分析まで一気通貫で実現する

スクリーンショット 2021-08-06 232737.jpg

様々な製品での不良検出を高め、自働化のステップへ導く。

自動化から本質改善に向けた分析まで、不良情報をシームレスにつなぐ。

#ゴム製品

原料配合時に製造機器の塗装剥がれが混じって出来た小さな異物まで検出し人の眼の限界を超えた検査を実現
 

例えば、人の眼で品質向上のため、検査をしている事を想定しましょう。

企業は製品毎に検査基準を作成し、毎回検査の教育を行っております。教育を誤ると品質問題になり信頼を損なうことにつながります。

​AIで学習を重ねることで品質の高い検査を実施し、かつ他の製品への汎用性もあることで、新しい製品ができた際に、人を介することなく品質を損なうことなく、事業を継続することができ、利益率の向上が見込めます。

AdobeStock_257721055.jpeg
AdobeStock_393897164_edited.jpg

#ダイカスト製品

ダイカスト製品は工法の特徴から、形状が複雑になるため、隈なく検査することが極めて難しい領域です。

 

人の眼で目視確認する際には、マニュアル化と研修・教育の徹底が必要となります。見逃しによる出荷事故は大きな損害につながる可能性があるため、熟練のノウハウが不可欠です。

鋳巣の形状が様々でありパターンマッチング検査が困難な不良も見逃さない
 

#ゴム製品

#金属製品

鋳造,プレス,切削,整形,研磨,メッキ,塗装など加工毎の検査を行い、検査によるフィードバックを早期に実現

金属製品の工法は、鋳造、プレス、切削など多岐に渡り、また後続の整形、研磨、メッキ、塗装といった加工工程を経て製品化されます。加工まで終えた後の出荷前検査のみを実施する企業もありますが、DEEPSでは生産の多段階において欠陥検知をすることで、より無駄のない検査方法を提案しています。

AdobeStock_237046201.jpeg
AdobeStock_283538864_edited.jpg

#樹脂製品

0.2秒のAI検査を実現し、24時間365日稼働を実現

樹脂製品は、加工の容易さ、整形のしやすさ、そして素材としての軽さやしなやかさから、その利用用途は拡大し続けています。生産量も多く、工場を24時間稼働したいといったニーズも多くあり、検査にかかる効率化がとくに重要視されやすいエリアです。加工のしやすさとは裏腹に、樹脂ならではのゆがみや反り返り、光の反射、埃との区別など、正確に検知しにくいことも特徴です。

#食品製品

食品製造すべての工程にて実現

原料処理から製造、加工、包装、保管まで、すべての工程に対応しております。またパウチ加工された場合でも、パウチの圧着などの検査も対応しております。従来検査が難しいとされていたランダム模様に対しても、食品本来の形状/性質と異物を判定することが可能です。

またピンホール(小さな穴)や密封不良も異常検知を実現。

AdobeStock_61161750.jpeg
AdobeStock_452928278.jpeg

#精密製品

繊細な部品の異常を0.001ミリまで確認

精密製品は、不良種類も多様であり、また大きさも繊細であり、目視による作業は大変な困難です。その中で形状や光の反射、埃との区別など、正確に検知しにくいことも特徴です。

 
 
該当内容にチェックを入れてください
お問合せ経緯

送信が完了しました。

資料請求